嫁が仕事中に浮気

「妻の不倫」が引き起こす「離婚問題」

浮気しているような気はするが、ちゃんと家事・育児はしてくれているし、家族にも優しい等、「家庭」と「遊び」を上手に両立できる女性。
反対に「不倫」にのめり込んでしまい、家事もせず家族を放ったらかして、他の男性と遊びまわっている方に分かれると思います。

不倫をする女性には2種類あり、前者の場合は理解を示す方もおられますが、後者の場合は「家庭崩壊」につながる可能性が高くなりますし、半数近くの方が後者といえるでしょう。
どこまでも現実の世界が続く「結婚生活」と不倫相手と過ごす「夢のような楽しい時間」。
浮気のつもりが「いつか本気に…」というケースが多いようです。

 

そして、いつしか「あなた」突きつけられる「離婚」という現実…

 

世の中「知らぬが仏…」と言われる事もありますが、あなたが知らない間に奥様の気持ちが取り返しのつかないほど離れてしまえば、復縁に向けた話し合いも意味を持たないものになってしまいます。

妻の浮気調査の必要性

「妻の不倫」を疑った日から「あなた」は奥様の言葉が「本当の事かどうか?」信用できなくなってしまいます。

 「今日はパートと言っていたけど、本当だろうか…」


 「今日は親しい友達と飲み会って言ってたけど…」

 

確かに愛する奥様が自分に嘘をついて、他の男性と会っている・・・

そう考えただけで、あなたは仕事が手につかなくなったり、就寝中の奥様の寝顔も憎くてたまらなくなるかもしれません。
ほとんどの人が精神的に「その事ばかり」気になり、最後には体も心も壊してしまうケースが目立ちます。
「不倫を疑う」という事は病気と同じで、放っておけば悪くなっていく一方です。 そこで我慢できなくなり「あなた」は次の行動に出てしまいます。

妻の浮気を問い詰める

1.「浮気してるんじゃないのか!?」と問い詰めてみる ⇒ ×

はっきり言って逆効果です。
奥様が浮気してなければ、「夫婦関係」がギクシャクしたり、浮気していたならば手口が巧妙になっていき、浮気している日などの特定しにくくなってしまいます。

2.自分で奥様の行動を調べてみる ⇒ ×

不倫カップルは普段から周りを警戒しています。
何を恐れているのかといえば「不倫の現場を旦那様やご家族、知り合いに見られないだろうか」というその一点です。
 
不倫現場の近くに「あなた」らしき人や「自宅の車」と同じ車がウロウロしているのを目撃してしまうと「まさか…」と更に周りを警戒するようになるのは想像に難しくはないでしょう。

ましてや、男性はお仕事がありますので、なかなかご自身で浮気の証拠を得る所まで調べるのは困難なものです。

浮気調査とは、奥様に気付かれる事無く、浮気の有無を調べる調査です。
探偵 浮気調査

  

では、あなたが「浮気の証拠」を得た場合、どういった使い方が出来るのか?

1.「不倫の証拠」を元に妻と離婚に踏み切る

やはり、不倫は許せないもの…
「浮気→離婚」のケースが圧倒的に多いです。
浮気している気がするのに、「性格に不一致」等の曖昧な離婚原因で離婚するより浮気している事実をはっきりさせ、浮気している事実があった場合にはしっかりと「慰謝料請求」をして新たな生活に備える方が得策です。
 

2.「不倫の証拠」を元に妻の浮気相手に慰謝料請求する

まだお子さんが小さいなどの理由で結婚生活を続ける事になった場合、奥様に慰謝料を請求せず、不倫相手のみ慰謝料請求する方もおられます。
慰謝料請求と聞くと、奥様と不倫相手に請求するものだと思われている方も多いですが、実際そうではありません。
 

3.離婚する意思は無いが、妻との話し合いの為に

経験上、女性は不倫の証拠を突きつけても、不倫を止める可能性が男性に比べると低いように感じます。
これは旦那様に愛想を尽かして不倫相手の元に走っている事が多く、話し合いの場を持っても「既に腹を決めている」パターンが多く、復縁の向けての話し合いも不調に終わってしまう事があります。
 

復縁を望む場合は、奥様に浮気の疑いが生まれた時点で早急に対策される事をお奨め致します。
また、お子さんのいる夫婦では、いざ話し合いになると「子供の為に…」と妻ではなく、母親として結婚生活を続ける女性も見受けられます。

浮気調査のご相談は完全無料です。お電話がつながらない場合、お手数ですが少し時間空けてお掛けなおしください0120-258-966受付時間 9:00-23:00

お問い合わせ お気軽にお問い合わせください。