浮気調査専門だから証拠収集力が違う

慰謝料請求で必要になる不倫の証拠とは?

法律上はどこから不倫になるのか

もしあなたが離婚を決意し、不倫の慰謝料を請求しようとお考えならば、生半可な材料では勝てるものも勝てなくなってしまいます。
多くの奥様は「旦那様が他の女性と2人っきりで食事をしていた」と事実があれば「不倫だ!」と思ってしまうでしょうが、法律上の「不倫」の定義はちょっと違います。
ここでは法律上、不倫(不貞行為)とみなされる証拠をご紹介致します。

誰もが認める「不倫の証拠」・・・裁判・調停にも有効

・ラブホテルに入っていく

「ホテルから数分で出てきた」場合を除き、数時間の滞在でも立派な証拠になります。
世間一般的にラブホテルは「そういった行為をする場所」と認識されていますから…
第三者から見た場合、浮気指数100%

・振り相手宅での宿泊・シティホテルで宿泊

短時間の滞在と違い、宿泊は立派な証拠になります。
「ラブホテルへ行く」に比べればやや証拠能力は落ちますが、男女が一つ屋根の下に泊まるという事は、そういった関係と思われてもやむを得ない状況だといえます。
第三者から見た場合、浮気指数70~90%
(調停員・弁護士さんによっては複数回の証拠が必要になることも…)

・カーセックスなど屋外での性行為の様子

場所がどこであれ、性行為を確認できる映像があれば、不倫の証拠として申し分ありません。
第三者から見た場合、浮気指数100%

「不倫の証拠」として不完全・・・複数回の証拠が必要

・抱き合う・キスをする

親密な関係に間違いないですが、肉体関係を証明する証拠には…
「ただ、ふざけていただけ…」という言い訳もできますし、いくらキスの映像を10回撮影しても不倫の証拠にはなりません。
ただ、既に「ビジネスホテルに数時間滞在する」「異性宅に数時間立ち寄る」といった曖昧な証拠が手元にあった場合、こういった「キスする」「抱き合う」という映像は活きてきます。
第三者から見た場合、浮気指数20~60%

・シティホテル・異性宅での滞在

短時間の滞在では「打ち合わせ」や「休憩」などの言い訳がしやすく「ラブホテルに入った」に比べれば「不倫の証拠」としては弱くなります。
ホテルや異性宅以外の場所で「キスする」「手をつなぐ」といった映像を加味する事により、「不倫の証拠」に近づけていきます。
第三者から見た場合、浮気指数40~60%
もしラブホテルを利用しない不倫カップルなら、このような証拠を積み重ねていく必要があります。

「不倫の証拠」とはいえない場合・・・まだ男女の仲とは判断しにくい状況

・二人で食事・買い物・ドライブや遊園地へ遊びに行く

残念ですが「不倫の証拠」とはいえません。
このような証拠は回数を重ねても「不倫の証拠」とはなり得ません。
第三者から見た場合、浮気指数0~10%

・腕を組む・手をつなぐ

確かに親密な関係にも取れますが「フザけていた」などの逃げ道も…
第三者から見た場合、浮気指数10~20%

・怪しい領収書 怪しいメールの履歴

これらの証拠は単体で見ると「不倫の証拠」とはいえません。
夫婦間での話し合いなら、ある程度の武器になりますが、いざ調停・裁判になると
これだけの材料で戦うのは厳しいです。
完全な不倫の証拠と併用すると、信憑性の高い物に変身します。
第三者から見た場合、浮気指数30~80%

依頼者様の中には、手をつないだだけで「不倫!不倫!」とおっしゃる方がおられますが、法的に「手をつなぐ」や「キスをする」という行為は証拠能力しては弱く、やはり「ラブホテルへ入っていく」や「ラブホテルから出てくる」といった映像・写真が「不倫の証拠」として認められます。
旦那様を問い詰める分には良いですが、慰謝料請求をお考えならこういった証拠が必要になる事をご理解ください。

手元に「証拠がある」があれば、「不倫を止めるように話し合う」「相手に別れるように話し合う」や「慰謝料請求して離婚する」などの選択肢が広がっていくはずです。

不倫カップル
浮気調査の相談無料
浮気トップへ