浮気調査専門だから証拠収集力が違う

離婚後に受けられる制度

もしも離婚してしまったら、どのような制度が受けられるのか?

児童扶養手当

国による制度で、父親がいない家庭など一人親家庭の児童の為に18歳未満の子供を育てている母親(または父親やその他養育者)に地方自治体から支給される制度です。

児童扶養手当の金額は、前年度の所得より全額支給または一部支給という形で支給されます。

児童育成手当て

各自治体で行なわれている制度で、18歳までのお子様のいる一人親家庭を対象に「児童扶養手当」とは別に支給されます。
自治体によって制度自体無い自治体もございますし、支給額も変わりますんで、最寄りの役場にお問い合わせください。
(所得が限度額以上の場合、支給を受けることはできません)

母子福祉資金の貸付制度

各自治体で行なわれている制度で、就職に必要な技能を取得する為の資金や「子供の修学金」「事業開始資金」などを無利子、または3%の低金利で融資する制度です。

返済は3~20年以内に月賦・判年賦・年賦のいずれかの方法で返済することになっています。

医療費助成制度

各自治体で行なわれている制度で、18歳未満の子供を持つ母子家庭、父子家庭を対象に保険の自己負担分の費用を助成する制度。



このほかにも緊急時の保育に対応する施設や、就学救助制度など、母子・父子家庭を対象とした優遇制度やサービスがまだまだ存在しています。
せっかくの制度ですので最寄りの役場に問い合わせ、積極的に利用する事をお奨め致します。

浮気調査の相談無料
浮気トップへ