浮気調査の報告

不倫調査の報告書 上手な使い方

1.「浮気の証拠」を元に浮気を止めさせる

やはり不倫相手と別れさせ、元の生活に戻ってくれる事を望む方は少なくありません。

男性の場合、証拠を突きつけると、不倫を止める可能性が女性に比べ高く、今まで 「証拠でもあるのか!」と言っていたご主人も途端に大人しくなるそうです。

女性の場合、目を覚まして旦那様の元に戻ってくる場合もございますが、既に手遅れで不倫相手に気持ちが傾いている事も少なくありません。
 

浮気の証拠があれば

 

2.「不倫の証拠」を元に離婚に踏み切るを

やっぱり不倫は許せないもの…

配偶者の「裏切り行為は許せない」と離婚に踏み切る方は半数以上はおられます。
曖昧な離婚原因で離婚するなら、しっかり「慰謝料」を請求して、新たな生活に備えるのが賢明でしょう。

 

3.離婚する意思は無いが、離婚を言い渡された時の為

最近増えているのがこのケースです。
いつしか「夫婦関係は冷めるもの…」
少し不審な行動を取ることもあるが、「離婚を切り出される事もなく」「生活費も十分に入れてくれる」「夫婦関係も特別悪くない」など今の生活に満足しているが、万が一離婚を切り出された時の為に保険を掛けるというお考えの方が増えております。

  

浮気調査のご相談は完全無料です。お電話がつながらない場合、お手数ですが少し時間空けてお掛けなおしください0120-258-966受付時間 9:00-23:00

お問い合わせ お気軽にお問い合わせください。