なぜ人は浮気するのか?

人はなぜ浮気する?

そんなの男だったら、若いお姉ちゃんとヤリたいと思うのが普通だろ?
って思っているのなら、それは大きな間違いかもしれません。

結婚前から複数の女性と関係を持たずにはいられないような男性ならそうかもしれませんが、結婚前から真面目で結婚後も普通に良き夫、良き父親として生きてきた男性が、奥さんが傷ついたり、家庭にも影響が出るのが分かっているにも関わらず、他の女性に走ってしまう理由は何なのでしょうか?

外泊する浮気調査の費用

 

意外に少ない「体目的の浮気」

体目的の浮気は1割以下、半数を占める原因とは?

アメリカ、フロリダ州認定のメンタルヘルス・カウンセラー、M.ゲイリー・ニューマン氏の調査により、「男性の浮気」について驚くべき事実が明らかになりました。

「浮気は男の病気」と言われて久しいですが、性的な欲求不満が原因で浮気する男性の割合はわずか1割にも満たず、反対に結婚生活に於いて「気持ちが満たされない」などの理由で浮気に走る男性の割合は5割を超えたそうです。

結果、男性は「身体」よりも「心」を満たしたいと考え、浮気に走っている事が明らかになりましたが、これは浮気というよりも「本気」に近いのではないでしょうか??

最終的に気持ちが「家庭」よりも「不倫相手」に傾いてしまった時、「俺のことを分かってくれるのは彼女しかいない…」と男性の気持ちは「離婚」に舵を切るのです。

同じ勤務先に浮気相手が

 

浮気相手はもちろん、ホステスやキャバ嬢?

浮気相手との出会いは、5割が「仕事関係」

今このページをご覧のあなたも、旦那さんとの出会いは職場ではありませんでしたか?
対象者と浮気相手の接点は、職場や仕事関係が圧倒的です。

意外かもしれませんが、家庭では邪険な扱いを受けている男性が、実は職場の女性からは「尊敬できる上司」として見られている事が多く、そんな女性とデートすれば、職場の愚痴などで意気投合して、居心地が良く感じてしまうのは当たり前です。

そんな浮気男性の8割近くは、出会いから1ヶ月程度で浮気相手と肉体関係を結んでいる事が判明しています。

もし、あなたに離婚の意志が無いのなら、たとえ「ホテル行った」という証拠が取れなくても「デートしている」証拠を取って、本気になる前に潰してしまうのも一つの選択肢です。

 

「浮気してるんじゃないのか?」と聞いてみよう

浮気を問い詰めるのは逆効果

不倫している男性は、普段から不倫に対し「罪悪感」を感じている方が多く、家庭と浮気相手と微妙なバランスを取りながら生活をおくっています。

そこに浮気を問い詰めたり、冷たい対応をしてしまうのは「分かってくれるのは彼女だけだ!」と思い「更に相手に気持ちが傾く」「浮気の手口が巧妙化」と逆効果になります。
意外かもしれませんが、浮気している旦那様ではなく浮気を問い詰めてしまった奥様が、結果的に離婚を加速させる要因になる事が珍しくないのです。

じゃあどうするのが正解か?
腹は立つでしょうが、旦那様には我慢して優しい言葉を掛けてあげてください。
「いつもありがとう」や「最近、忙しそうだけど大丈夫?」と優しく接するだけで、「外泊」や「休日に出掛けていく」などの酷い状況が改善される事があります。

もちろん、これは「調査時間が短い=料金が安くなる」効果も生み出します。

夫婦喧嘩

 

浮気調査のご相談は完全無料です。お電話がつながらない場合、お手数ですが少し時間空けてお掛けなおしください0120-258-966受付時間 9:00-23:00

お問い合わせ お気軽にお問い合わせください。